読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風穴を開ける

世の中に風穴を開けていくブログ

テレビから読み取る結婚のハードルは上がり、離婚のハードルが下がった世界

結婚率、離婚率が現在、どう変化しているかはわからないが、今の時代、確実に結婚のハードルは上がり、離婚のハードルは下がったと思う。

テレビでも同様の意見を聞くようになったので、記事を引用して説明したい。

結婚のハードルは上がった。

www.excite.co.jp

一心不乱に喋り続け、ついに“みんなが男前を良しとしてしまった結果、美のハードルが上がり、起きた社会問題”が日本の少子化である、という壮大な結論が出された。

アメトークのだから嫌いなんだ発表会にてブラマヨ吉田さんの意見。
ドラマでイケメンばかり出している結果、現実でも美のハードルが上がってしまっているという意見だ。

SNSの普及の方が大きそう

テレビもあるが大きくはネット(SNS)が大きいと感じる。
テレビに美男美女が出ているのは今に始まった事ではないからだ。

SNSがある現在では、昔とは比較できないくらい人と接することが簡単になった。
昔は高嶺の花であった人とも簡単に接しコミュニケーションを取ることができる。そういう相手を身近に感じてしまうことはその他の人に目を向けなくなってしまっているということだ。

またSNSの登場により比較対象が増えた。
より他人に自慢できるような相手を必要とするようになってしまった。

離婚のハードルは下がった

news.livedoor.com

しかし、現在では女性にも経済力がついてきている。男性側も家事は自動化が進んでいたり、コンビニで食事も買えるようになったので、お互いにひとりで生活ができるようになっていると説明した。

こうした状況から、マツコは「お互いに我慢してまで、暮らしていく理由なんかないもん」と、離婚増加の背景について見解を示したのだった。

離婚が増えた原因に、女性の社会進出により、収入のある女性が増え、我慢する必要がなくなったとあるが、同意見である。

共通する点は妥協できなくなった(しなくてもよくなった)ということ

これらの現象がいいか悪いかは一概には言えない。
住みやすい社会になった分、個人がわがまま(自由)に生きられるようになったということだろう。