読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風穴を開ける

世の中に風穴を開けていくブログ

自動でデータがアップロードされる高価な体重計を買わなくてもいい考え方

how-to ガジェット コラム

毎日、体重を測るだけでも体の変化がわかり、ダイエット効果があるという。
自分の体重の変化を捉えることが出来、無意識にでも行動に表れるとか。

そんなんで、自分は毎日体重をアプリで記録している。

今は、iPhoneのヘルスケアで他のアプリなどと同期できるものもあり便利だ。
しかし、体重を測ったら、体重、体脂肪率を記憶してアプリに打ち込まなければならなかったりして、毎日の手入力は手間になっている。

ヘルスケアに同期できる体重計が欲しい

国内メーカーのオムロンタニタは、メーカーのアプリでしか同期できない。

出来るものは海外メーカーになるが以下のもの。

問題は高いこと…
amazonサイバーマンデーのセールを見逃してしまい、買うのを躊躇してしまう。

体重変化を意識する最大の方法は入力すること

そこで本当に必要か考える。
そもそも、毎日、自動で体重、体脂肪がアップロードされても確認しなければ意味がない。
最大の確認方法というのは、自分で入力することだ。
自分で入力することで、より意識付けにも効果があるだろう。
痩せたいと思うなら、高価な体重計を買う必要はないのだ。


と書いておいて、買うのを我慢する決意をしたら、Amazonの家電タイムセール祭りでWithingsの体重計があった。
www.amazon.co.jp
サイバーマンデーほどの割引率ではなかったが、これを機に買ってしまった。
セール外で買わずには済んだのもこの考え方のおかげなので、結果オーライとしておこう。