読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風穴を開ける

世の中に風穴を開けていくブログ

2014年の手帳 コクヨ SYSTEMIC[システミック

レビュー 文具 手帳

手帳買い替えのシーズンだ。
2013年職場では1日1ページ手帳、DAILY PLANNER EDiT(デイリー・プランナーエディット)を使っている。

ED!Tを選んだ理由

1日1ページの手帳は、業務の実績を入れるには便利だと思ったからだ。
1日1ページ手帳は、ほぼ日とED!T、MDノートダイアリーしかなかったので、書くスペースが多く、日付が記入してあるED!Tを選んだ。

ED!Tを使ってみて

1日1ページという特性上かなり厚い。
土日は不要であるし、紙も薄い。
ノートを開けるとカバーに表紙が巻き込みうまく開けれなかったりして使いづらかった。
f:id:Qazana:20120912213346j:plain

2014年の手帳候補

そんなことがあって紙の質に定評のあるMDノートが有力であった。
しかし、もっとシンプルに物事を考えた時、カバーノートという選択肢もあることに気が付いた。
現状、議事メモなどを書くノートとスケジュール帳を別々に使っていたので、一元化出来る、また中身は普通のノートなので毎年高い手帳を買い替えなくてもいいという利点に惹かれた。

カバーノートの選定

コクヨキングジムなどからカバーノートが出ているが、最後まで悩んだのはコクヨ SYSTEMICの二種類。
通常版とリングノート対応版だ。
通常版は、構造がシンプルで小さい。
リングノートは、改良版と言う事らしいが少し大きめなのと、普段リングノートを使用していないのでそこは必要か疑問であった。
ここは明確な理由はないけど、とりあえず新しいと言う事で、リングノート対応版を、またノートパソコンと持って行くことが多いのでB5サイズを選んだ。

またスケジュール帳にはコクヨのバーチカルを挟んだ。

実際に触って

f:id:Qazana:20131005205124j:plain
まだ実用はしてないが、物をみてわかったことがある。
リングノートは、立って書くのに便利というだけではなく、机上のスペースの節約にもなる。会議にノートパソコンとノートを持って行くとスペースが足りない時があるが、それが幾分解消できる。
また付属のエッジタイトルと言うリングノートも記録を探すのに工夫された構造になっているので便利である。
f:id:Qazana:20131005204952j:plain


ということで表題の通り2014年の手帳は、コクヨ SYSTEMICに決まり。