風穴を開ける

世の中に風穴を開けていくブログ

日本で一番悪い奴ら に風穴を開ける

https://eiga.k-img.com/images/movie/83740/photo/380a196fa3647581/640.jpg?1463043812

www.nichiwaru.com

Amazonプライムビデオで見た。
コメディとしても青春映画としても見れ面白かった。
犯罪検挙にノルマ制は本当おかしい。
諸星はやり過ぎではあるが、警察の体制の被害者とも言える。

これが実話というのが恐ろしい。
過去の話と信じたいところ。
稲葉事件 - Wikipedia

ラ・ラ・ランドに風穴開ける

https://eiga.k-img.com/images/movie/82024/photo/ad0a1b4f645187e6/640.jpg?1486370544

gaga.ne.jp

公開当初から見に行きたかったが、なかなか時間が取れずに見にいけなかった作品。
最近Amazonビデオに追加されたのです今更ながら鑑賞した。

中盤までは正直乗れなかったが(映画にしても都合が良すぎで夢も容易にかなうように見える、そもそも実写のミュージカルは入り込みづらいなど)
ラストが切なくて持ってかれました。本当によかった。

宇多丸さんの映画評にあったこの説もなかなか味わい深くて良い。

ちなみに僕、エンディング周りに関しては、ミアさんがセブがLAでお店を開いているということを全く知らないし、「ここ、セブの店かしら?」って素振りを道でも見せていないっていうのはこれね、つまりね、ミアにとっては(セブとの関係は)完全に黒歴史、もしくはビタイチ覚えていなかったとか(笑)、そのバランスで見ても成り立つんですよ、実はミアの劇中の態度は。完全にセブ側の思いの話とも取れるあたりが、これちょっと面白いなという風に思ってね。こんなことを終わった後に話し合うのもよろしいんじゃないでしょうか。

www.tbsradio.jp

カメラを止めるな!に風穴を開ける(ネタバレなしだが、なんの情報も入れずに見に行くべし)

http://kametome.net/uploads/1/1/8/3/118385399/30_orig.png

kametome.net

※ネタバレはしないつもりですが、この映画はなんの情報もなくみた方が楽しめる映画です。まだ未見の方はブログを閉じ映画館に行きましょう(上映館数もかなり拡大しています)




話題の映画、カメラを止めるな!を見た。
見た人は著名人含めこぞって絶賛、かなりの話題作。
実際に自分がいった映画館も満席。

前評判から勝手に、カルト的人気なゾンビ映画が出来たのかと期待していたため、予想外の展開で戸惑った。
素晴らしい映画体験であったが、出来れば評判がいいという前情報すら無い方が楽しめたかもしれない。

内容は、三谷作品テイストで、好みは分かれると思うが、ハマる人にはハマる映画だと思う。
三谷作品が苦手でゾンビ映画を期待していた自分は少し肩透かしであった。

面白い作品ではあるが、なんせネタバレ厳禁な映画なので、語りたくても語れないもどかしさがある。
周りにはまだ観てる人は少ない。他の人の感想がすごく気になる(特に絶賛以外の)映画なので、
観に行くように勧めたいと思う。

気づけば

一年程ブログを放置してしまった。
書けない理由は、ブログは本腰入れて書くという意識があるからかと思う。

今後は、もっと気軽に、それこそSNSのように書くようにしていきたい。
それでいてSNSよりは他人を意識せず、自分のメモとして。書きたいことは沢山ある。
手始めにTwitterの140文字程度の文字数でこのブログを締めたい。

2年以上iPhone裸派だったけどPITAKAのケースを使ってみた

iPhoneのケースを買久しぶりに買った。

ここ数年はiPhoneには、ケース、保護フィルムをつけない裸派であり、最新の7plusジェットブラックでもそのまま裸で使用していた。
そんな自分が今回iPhoneケースを購入した。
qazana.hatenablog.com

ケースにした理由

指紋対策

ジェットブラックは新色であるため、カバーでは隠さず裸で使用していた。
そうするとかなり指紋が目立つことがわかった。
防水になったこともあり軽く水洗いするだけでも綺麗にはなるのだが
人に見せる時などやはり気になってしまう。

長く使う必要性が出てきた。

今までは、キャリアで二年周期で最新iPhoneに変えていた。
それは、キャリアでの割引で月額料金をさほど変えずにiPhoneを、変えることができたからだ。
その為、多少傷がついても気にすることはなかった。

ところが今回、格安SIMにすることで一つの機種を長く使うことにメリットが出てきた。
qazana.hatenablog.com
今までの実質いくらなどといった通信費の割引もないので長く使った方がコスト的にメリットがある。

iPhoneコモディティ化して、必ずしも最新機種にする必要がない。
そういう意味で長く使うためにある程度保護という意味でケースという選択肢もありという判断をした。

PITAKAのケース

iPhone7 Plusとなると通常のサイズよりはケースの選択肢は減る。
今まで裸持ちだったのでゴツゴツしたケースはではなくシンプルで薄いケースを探した。

そこで見つけたのがPITAKAのケース
f:id:Qazana:20170318100115j:plain

薄い割には防弾チョッキ素材のアラミド製で耐衝撃にも優れているという。

ケースにしては定価8000円強と高いが、
タイムセールも月に何度かあるので見計らって購入した。
キャンペーンもあって3600円で購入することができた。

使った感想

ジェットブラックの裸は手に吸い付くようなグリップ力はあったが、これはサラサラしていて滑りやすい印象であった。
ブランドロゴは前面にはないデザインは良い。
またチラッと見えるジェットブラックとの光沢との相性は良く感じた。
当然ながら指紋を気にすることもなくなったので良い買い物ができたと思う。
f:id:Qazana:20170318100133j:plain

モバイル神棚(正式名称:御神札立て 神棚)

歳を取ると、神社に祈願しに行くイベントが多くなる。
今の時代、神棚のない家も多く、自分の家も棚の上に御札を立てかけている状態だった。

そんな時にこの本を読んでモバイル神棚が、あることを知った。

(Kindle Unlimitedで読むことができる)

授与できる場所

本には出雲大社とある。
確認したところ相模分祠にはなかったけど、東京分祠にはあった。
初穂料は500円。
他の神社にもあるところにはあるらしい。
f:id:Qazana:20170312183336j:plain

シンプルなデザイン

正式名称は御神札立て 神棚
積み木のように組み立てシンプルなデザインでよい。
木札も安定してかけることができる。
自分は持ち運ぶことはないが、ただ立てかけているよりは祀っている感じがあり、いい感じである。
f:id:Qazana:20170312183444j:plain

INFOBAR 初代は原点にして頂点

特別お題「おもいでのケータイ」

おそらく挙げる人もたくさんいると思うがINFOBARの初代ICHIMATSU
f:id:Qazana:20170311080436j:plain

time-space.kddi.com


他社から乗り換えるきっかけになった一台であるし、5年以上持った唯一の携帯であった。
2つ折り携帯が主流の中、ストレートタイプは逆に珍しく、デザインとしても特徴的な大きいタイルのボタンはとても使いやすかった。
まさにau design projectの原点にして頂点とも言える機種である。

アンテナが折れやすいのが弱点だったが
ICHIMATSUを使っていたがアンテナやバッテリーパックをANNINに変えたりカスタムして楽しんでいた。

赤外線非搭載のため、赤外線(当時は連絡先を交換する主流の手段)が当たり前になった時代遅れの機種となっても、それでも長く使いたいと思う機種だった。

KOROKORO au Mobile Selection vol.5のミニINFOBAR着けたり
www.net-otakara.com

バイクで落として、木っ端微塵になったけど、製造番号がわかり修理出来て、ケータイウォッチにも採用されたのも思い出。
http://k-tai.watch.impress.co.jp/cda/static/image/2008/06/19/info01.JPG
The クラッシュ! 今週のクラッシュ:au INFOBAR

その後、2やスマホなどデザインを踏襲した後継機も出た自分としてはしっくり来るものではなかった。
アンテナやボタンなどあの頃の時代だからこそ出来たデザインであったと思う。
f:id:Qazana:20170311080318j:plain

sponsored by KDDI